アフィリエイトノウハウ

ランディングページ(LP)の費用を抑えて制作する方法

 

Mr.Sです。

 

メルマガアフィリエイトの集客用ページや、
情報商材を販売する際に必要になるページが
「ランディングページ」(通称LP)です。

 

1枚の長いページでメルマガや商品の良さを語り、
リストを集めたり商品を購入してもらうものが目的です。

 

私自身、運営しているアフィリエイトスクールの
「PPCマスターズクラブ」の募集の際などに
ランディングページを利用しています。

 

PPCマスターズクラブのサンプルページ
→ http://affili-review.net/letter/pmcsample/

※サンプルページですので途中までとなります。
参加募集は基本的にメルマガ限定です。

メルマガ登録はこちらから

 

 

いざLPを作成しようとしても、
いったい何から手を付けてよいかわからないものですよね。

そこで今回は、製作費順にLPの作成方法をいくつか紹介します。

 

 

無料LPテンプレートを使う

 

無料で利用できる「スクイーズページテンプレート」があります。

 

nviowdscd
https://www.triad-net.com/SqueezePageCreator/

 

縦長のデザインのページを作成することができます。

 

また、動く矢印のデザインもテンプレートに含まれているため、

 

10名様限定ですのでお急ぎください!

お申込みボタン

 

というような使い方も可能です。

 

しかしテンプレートはデザインが限られていて
コンバージョン率の高いLP作成は難しくなります。

 

「縦長で、文字とボタンだけ」
というようなランディングページを作成したい場合には使えます。

 

カラフル(Colorful)を使う

 

カラフル(Colorful)は、
ワードプレスでLPが作成できるテンプレートです。

 

 

nviowdnv
Colorfulはこちら

 

金額は8760円です。

 

現在よく見るようなLPは、このカラフルを使えば作成できます。
(もちろん画像素材があれば、です。)

 

LPの精読率に大きく関わるトップキャッチ画像を
幅を無視して最大幅に設定することが出来たり、

お申込みボタンやサブキャッチなどの素材もたくさんあり
それらを使うだけでそれなりに綺麗で読めるLPが作成できます。

 

そのほか、背景画像の設定やホバーウィンドウなど、
とにかくLPでやりたいことのほとんどは出来るようになります。

 

フリーソフトでテキストだけのトップキャッチ画像を作成し、
サブキャッチやお申込み部分をカラフルの素材で作成すれば
ある程度は成約が見込めるLPの作成も可能です。

 

コーディングにも利用できる!

 

私もカラフルを導入して利用していますが、
その理由は「コーディングに使える」からです。

 

コーディングとは、デザイナーにデザインしてもらった画像を
実際のページに落とし込んだり、
あらかじめ用意しておいたテキストをページに反映させ、
ページを完成させる作業のことです。

 

通常は3~10万円をデザイナーに払い(LPの長さによる)、
コーディングをしてもらうのが一般的ですが、
私はカラフルを利用することで自分でコーディングを行っています。

 

数時間で終わる作業なので、かなり節約になっています。

 

PPCマスターズクラブの募集ページも、
Colorfulを利用し自分でコーディングしています。

 

デザイナーにデザインを依頼する

 

誰が見ても綺麗で、成約率の見込めるLPを作るなら、
最低でもデザイナーにデザインを依頼しましょう。

デザイナー募集の方法はいくつかありますが、
クラウドソーシングか、ココナラをオススメします。

 

クラウドソーシングでデザインを依頼する

 

クラウドワークスやランサーズといった
クラウドソーシング専用のサイトを利用してデザイナーを探しましょう。

 

・クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

・ランサーズ
http://www.lancers.jp/

 

試しに「ランディングページ」と調べてみると、
様々な仕事募集を閲覧することが出来るので、
参考になるはずです。

 

デザイナーを探すときに、
こちらがテキストだけのLPをあらかじめ作成しておけば
大体の見積もりを出してくれるためスムーズに事が運びます。

 

私の場合は、テキストだけのLPをカラフルで作成し、
それを元に見積もりを出してもらいました。

 

LP1枚の場合、長さにもよりますが
デザインのみで相場は3~10万円となっています。
(コーディング込だと5~15万円ほど)

 

ココナラでデザインを依頼する

 

ココナラは、仕事を出品できるサービスです。

・ココナラ
http://coconala.com/

 

クラウドソーシングが、「こんな仕事を頼める人を募集」するのに対し、
ココナラは「こんな仕事が出来るので依頼してくれる人募集」というイメージです。

 

占いや似顔絵作成など様々な仕事が出品されていますが、
ランディングページ作成の仕事も出品されているので、
そこに依頼をしてデザインを制作してもらいます。

 

値段はピンキリですが、基本的にクラウドソーシングよりも安い傾向にあります。

 

デザイナーのスキル面もクラウドソーシングより低い傾向がありますが、※個人的主観
中には良いスキルを安く提供してくれる方も居るようなので
ひとまず覗いてみると良いですね。

 

また、コーディングだけやってくれる仕事も出品されているので、
うまく使えばデザイン費用2万円、コーディング費用1万円程度で済みます。

 

制作会社を利用する

 

LPを専門で制作している会社を利用するのも手です。

 

LP制作会社の多くは、化粧品などのLPを想定していますが、
情報商材系を得意とする制作会社も中には存在します。

 

制作費用は20万円~とかなり高額にはなりますが、
クオリティには期待できます。

 

ある程度お金を掛けられる方は、
制作会社への依頼も視野に入れてみましょう。

 

一番オススメはデザイナー+自力コーディング

 

無料で出来る制作方法から制作会社に依頼する方法までをお伝えしましたが、
私が一番オススメする方法は、デザイナーに依頼して自分でコーディングをする方法です。

 

デザイナー+自力コーディングのメリット

 

LPを作る時の最大の目的は、
成約率が出る綺麗なデザインのLPを安い価格で作りたい
ということだと思います。

 

予算を絞りすぎればデザインがしょぼくなり
成約率も低くなってしまいますし、

かといって予算オーバーになるわけにもいきません。

 

※ここ最近、カラフルをデフォルトのまま利用する方を多く見かけます。
あれ、売れるんですかね?情報をお持ちでしたらお寄せください。
情報をお寄せ頂き、成約率が悪いようでしたらデザイナーを紹介します。

 

そこで、デザインのみをデザイナーに依頼し、
コーディングを自力でやるというのが、
予算的にもクオリティ的にもバランスが取れていてオススメです。

 

PPCマスターズクラブのLPも、
デザイン費の5万円と、カラフルの金額8760円で済んでいます。

 

その他何枚もLPを作っていますが、
カラフルは最初の8760円のみで使い回しが可能です。

 

LPの目的を忘れないように!

 

LPの目的はあくまで成約させること。

 

メルマガ集客用ページなら、リストを手に入れること。
商品販売用ページなら、商品が売れること。

 

LPを作成すること自体が目的になってしまって、
お金を掛けないといけないところをケチってしまい
結果として目的が達成できないLPを作成してしまう方をよく見かけます。

 

0円で作成したいと思っても成約が出ないなら時間の無駄です。

 

本当に成約が出るLPを作る方法を考えて、
低予算で出来るならやる。出来ないなら予算を作る。

 

LPの目的があくまで成約であることは忘れないようにしましょう。

 

 

月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その5:毎日やること編

 

毎日行うアフィリエイトの作業とは

 

この回を含めて全6回に渡り
アフィリエイトのノウハウについて解説をしてきました。

最初から見る方はこちら
月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その0:本当に正しいノウハウとは

 

サイト(ブログ)を作成して稼ぐ方法に関しての
基本のノウハウは全て解説できたかな、と思います。
(定期的に見なおして加筆修正は行っていきます。)

 

ノウハウを理解したあとは実際に取り組んいくだけです。

そこで今回は、毎日どんなことをやっていけば稼げるようになるのか、
実際の作業手順についてまとめていきます。

 

まずは商材選定&ターゲティング、サイト作成を

 

毎日やるルーティーンワークは決まっていて、
それを淡々とこなしていくのが基本中の基本です。

ただルーティーンワークに入る前に、
まずは準備をしなければなりません。

 

その準備とは、商材選定とターゲティング、そしてサイト(ブログ)です。

 

アフィリエイトは、
「ある商品をある人にある場所で紹介して稼ぐ」ビジネスモデルなので、
商品を決めて、ターゲットを決めて、紹介する場を整えてからが本当のスタートです。

 

 

まずは第一回から確認していただいて、
商品選定からサイト(ブログ)作成までは済ませてしまいましょう。

 

まずは記事を執筆しまくる

 

準備が終わったとは、まず記事を執筆しまくります。

一日1記事を最低でも30日は続けましょう。

3日に1記事などでも構わないですが、
それだけ稼ぎだすまでのスピードは遅くなります。

新規サイトを作成してから安定して稼げるようになるには、
大体100記事程度は必要になると思っていてください。

 

検索エンジンからの集客は、
サイト内のコンテンツが充実していることが最低条件です。

検索エンジン側からすると、お客さんの知りたい情報が
できるだけたくさん乗っているページを上位に持ってきたいと考えているからです。

またコンテンツの充実以外にも重要なポイントはいくつかあって、
そのポイントのひとつに「更新の頻度」があげられます。

 

お客さんに役立つコンテンツ=ターゲティングすることでクリア
更新の頻度=1日1記事を30日続けることでクリア

という具合に検索エンジンに評価されるわけですね。

 

私がサイトやブログを新規で立ち上げる場合、
ターゲティング時にお客さんが知りがっている情報をまとめ、
その情報を提供する記事のタイトルを30個メモしておきます。

そしてあとはそのメモした記事タイトルを参考にして
毎日記事を執筆していきます。

 

難しく記事タイトルのキーワードなどを意識しなくても、
内容が充実していればきちんと検索エンジンに評価されてしっかりと上位表示されます。
(もちろんSEOの知識は持っておいて損はしません。)

 

その後もできるだけ更新頻度は高くする

 

1ヶ月間集中して毎日記事を執筆した後も、
できるだけ更新頻度は高く保ちましょう。

私の場合は、アクセスが安定するまでは最低でも5日に1記事、
普通は3日に1記事は更新をしています。

これは、検索エンジンからの評価をさらに高めるために
サイト内容の充実や高更新頻度を守るためです。

 

このように記事を書いていくと、
自然と検索エンジンからのアクセスが集まっていきます。

体感だと早い人なら1ヶ月くらい、
遅くても3ヶ月でアクセスが集まり始めます。

 

サイトのコンテンツが本当に充実していれば、
月に1度の更新だけでもアクセスが集まるようになるので、
「そろそろ良いかな?」と思うまでは更新頻度を高く保ち
サイトのコンテンツ充実を測っていきましょう。

 

意外な需要の把握&メンテナンス

 

記事の更新を続けてアクセスが入るようになると、
「お客さんがどのキーワードで検索してきたのか」を
把握することができます。

アナリティクス(アクセス解析)では
このように表示されます。

2121

詳しくはお見せできませんが、
1~15までお客さんが検索してきたキーワードが表示されています。

 

このキーワードはまさに「宝の山」と呼べるもので、
想定外のキーワードで検索されて辿り着く人を知ることができます。

 

私は以前別のブログで、人工知能の進化や、それに伴う
人類の生活の変化についてをテーマに記事を書いたことがあります。

どんな検索キーワードが想定されるかというと、
「人工知能 進化」「人類 未来 人工知能」などの
人工知能や人類の未来についてのキーワードですよね。

 

もちろん、検索された回数が多いキーワードは
これらのキーワードだったのですが、
中には「無感情 進化」「感情 抑える方法」という
テーマとは少しずれたキーワードでも検索されていました。

 

更新頻度を高く保ちながらサイトのコンテンツ充実をしていると、
検索エンジンに高く評価され、関連性が低いキーワードでも
上位表示がされるようになるのでこのような現象が起こります。

実際に、バストアップに関するサイトを作ったら、
「プエラリア 肌荒れ」というキーワードから検索があったり
「女性ホルモン 胸 垂れる」から検索があったりと
自分だけでは思いつかないキーワードを知ることができます。

これらのキーワードはお客さんの悩みそのものであり、
それを解決する方法を書いた記事内で商品を紹介すれば
当然ですが効果は抜群でしょう。

 

このようにキーワードから、自分の思いつかない需要を把握して
それらに関する記事を追加することで報酬を伸ばしていきましょう。

このようなキーワードはいくらお金を出しても手に入らない
自分だけのお宝キーワードとなります。

頑張ってサイトの更新を続けた人だけが手に入れることができる
まさに砂漠の中のオアシスですね。

多くの方は検索エンジンからアクセスが来る前にやめてしまうので、
ここまでできればライバルは本当に少ないと実感できるはずです。

 

落ち着いたら新規サイトを作成や売却を検討する

 

ある程度コンテンツが充実サイトができたら、
あとは時々のメンテンナンス程度でアクセスは維持できます。

更新頻度が低くても内容が充実しているので
検索エンジンからの評価はそうそう下がるものではありません。

 

 

週に1度くらいは更新できるのがベストですが、
2週間に1度程度でも特段問題はないので、
新規サイトの作成やサイト売却を視野に入れはじめましょう。

新規サイトの作成はその名の通りで
今までやってきたことをそっくりそのままもう一度やります。

商材選定からターゲィング、サイト作成から記事執筆まで。

ここまでやっていれば相当レベルアップしているはずなので、
自分でも驚くほどあっという間にこなせるでしょう。

実際に私が昔1週間掛かったワードプレスの設置も、
今なら2分くらいで出来てしまいますからね。

 

その他にもサイトを売却するという手段もあります。

相場としては、直近6ヶ月の利益×1年分と言われていますが、
サイトのジャンルや収入モデルでかなり変わってきます。

これからのメンテンナンスを面倒に感じていたり、
新規サイトに力を入れたい、まとまったお金が欲しい時などは
サイト売却という手段も良いでしょう。

サイト売却ができるサイトはたくさんありますので、
お好きなサイトで売却を検討しましょう。

 

慣れてしまえばあとは繰り返すだけ

 

アフィリエイトの作業は、慣れてしまえば基本的には
繰り返していくだけです。

「繰り返す」というと語弊があるかもしれませんが、
今まで解説してきたことでビジネスの基本は全てカバーしています。

売れる商品の選定、需要の把握、販売するサイト作成、
販売スキル(コピーライティング)、日々のメンテナンス。

最初はこれら全てをクリアしていくことは
苦労の連続かもしれませんが慣れというのは恐ろしいもので
あっという間に簡単に出来てしまうようになるものです。

ここまで解説してきた手法は小手先のテクニックノウハウではなく
ビジネスの本質をしっかりと捉えたノウハウです。

手順を理解して、「繰り返すだけで楽勝で稼げる」という状態になれば
将来的にもお金に困ることはなくなるでしょう。

 

これから参入しても十分に稼げる普遍的なノウハウなので、
ぜひお役に立ててくれたら嬉しいです。

 

個別のコンサルティングも募集しています。
私のサポートを受けながら稼ぎたい人は活用してくださいね。

コンサルティング特典のご案内

 

月50万円稼ぐアフィリエイトノウハウ その4:コピーライティング編

 

文章力は必要かどうか?

 

アフィリエイトで稼ぐための重要スキルと言われている
「コピーライティング」。

一部では最強スキルの呼び声が高く、
またマスターするまでに数年は掛かるとも言われています。

ただ、稼ぐために絶対に必要かどうかと聞かれると
私の意見としては「必要最低限あれば大丈夫」と答えます。

確かにコピーライティングスキルは重要ですが、
必然というわけではないのです。

 

基本的なルールは一緒ですが、
売る商品によって文章は大幅に変わってきますし
あるジャンルに特化して勉強しすぎてしまうと
いろいろな商品を販売できなくなってしまいます。

ですので基本的なルールは抑えつつも、
柔軟な文章を書ける柔らかい発想が必要になります。

 

ここでは、基本的なルールとともに、
やってはいけないことについても触れていきます。

 

商品の良さではなく、感情に訴えかける

 

お客さんが商品を購入を決めるときは
製品の良し悪しではなく感情によって決めています。

 

「こんな機能やあんな機能がある」と説明するだけでは
イマイチ購入する大きな理由にはなりません。

「こんな機能を使った結果待っている未来」を想像させて
感情に訴えかけることで購入の決め手になります。

 

素晴らしい機能や、値引きといった部分は
感情によって購入しようか迷っている時の後押しなのです。

 

広々とした内装がウリの車を販売するならば、
「お子さんとキャンプにだって行けますよ」
「友達と特別な思い出を作ることができますよ」
と紹介したほうが売れていきます。

大きな買い物をしたことある方は、
このようにセールスされた経験があるかもしれませんね。

 

当講座の第2回目

月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その2:ターゲティング編

この記事で解説したようにターゲットとする人を決めたら、
その人が商品を手に入れて、未来にどうりたいと思っているかを考えます。

文章を書くときは、その未来を見せながら
商品自体の魅力にも触れていきましょう。

 

とはいえ、商品の性能事態も重要

 

基本的には感情に訴えることを意識していきますが、
商品の性能ももちろん重要なポイントです。

 

感情に訴えた上で興味を引くことができていれば、
次の興味は商品そのものに向かうからです。

その商品の基本的な機能はどんなものか?
その商品にしかない特徴はなにか?
どういった使い方ができるのか?

などなど。

セールスをする必要最低限の情報として
これらの情報は全て盛り込むのを忘れないようにしましょう。

 

また、これらの商品の基本情報を説明していくなかで、
お客さんが想像していない未来も示せるとなお良いです。

 

例えば、
バストアップの商材を買いたいターゲットで
「彼氏は胸が大きい人が好きだからなんとかしたい」という
悩みを解決するページを作ったとしましょう。

ただ胸が大きくなるというアピールはもちろんですが、
女性ホルモンの関係で生理不順が治る効果もあるかもしれません。

今まで切れなかったような水着が着られるようになって
友人から羨ましがられるかもしれません。

 

お客さんがもともと想像していない未来を示すことによって、

「この商品を買ったら自分の想像よりはるかに良い未来が待っているかも」
と思ってもらえるわけですね。

 

この記事を書いている数日前にも、
「お金も稼いで女性からもモテてしまう方法」という
お手本のようなコピーを目撃しました。

お金を稼いで手に入る未来はもちろん
女性にもモテる、という感情への訴えかけのオンパレードです。

お金もあまり無く、女性にモテない人が多い日本人男性なら
思わず飛びついてしまう良い例です。

 

具体的な書き方の手順

 

「この商品があるとこんな未来が待ってますよ」
(そうそう、こうなりたかったんだよね)

 

「商品の性能としてはこのようになっています」
(なるほど。基本的には問題なさそうだな)

「こんな機能があって、こんな未来も待ってます」
(そういう使い方もあるのかー。思ったより良さそうだ)

 

「商品は○円です。あなたの想像以上の未来がこのお値段です」
(悩むけど思ったより良さそうだし買ってみよう)

 

「」内は商品を販売する側の言葉で、
()内はお客さんの心理状態を表しています。

 

きちんとターゲティングを行いお客さんの悩みや、
悩みを解決してどうなりたいかを把握していれば
内容はスラスラと出てきます。

 

基本的な流れは上記の通りですが、
最初にもお話した通り商品ジャンルなどによって
文章の書き方などは大きく変わってきます。

この流れにとらわれ過ぎることなく、
柔軟に文章を書いていくことのほうが大切ですし、
何よりもターゲティングができていなければ
売れる文章を書いていくのは難しいです。

 

ターゲィングをしっかりやった上でのテクニックだということは
覚えておいてくださいね。

 

初心者がやってしまいがちな間違い

 

初心者がやってしまいがちな間違いについても
解説していきますね。

 

まず声を大にして言いたいことは、
みんな「!(ビックリマーク)」使いすぎ、ということです。

 

ビックリマークは文章のアクセントには良いですが、
文章の終わりに毎回使っているようになってしまうと
稚拙で信用出来ない文章になってしまいます。

小手先のテクニックではありますが、
多くの方がやってしまっていることですので、
あなたが文章を書く際は気をつけてください!

(↑これくらいの使い方なら問題ないです。)

 

また、もう一つやってしまいがちなことは
「自分が書きたい文章を書いてしまう」ということ。

 

自分が詳しいジャンルの商品を紹介するときなどによくあるのですが
ターゲットの人が知りたいとは思っていないような情報でさえ
ウンチクのように書いてしまったりしています。

ブログやサイトを作るのはあくまでお金稼ぎのためで、
お金を稼ぐならお客さんを満足させる必要があるので
自己満足でやって良いというものではありません。

 

「自分が」ではなく「お客さんが」という視点で
常に作業をしていく必要があります。

ブログやサイトデザインなども同じです。

「自分がこういうデザインにしたいから」ではなく、
文章をお客さんに読んでもらえるようなデザインにしましょう。

 

文章を書き続けているといつのまにか
自分主体の文章になっていってしまいやすいので、
定期的に見直すなどしてお客さん視点になっているか
確認しましょうね。

 

コピーライティング編まとめ

 

・感情に訴えることを意識する

・商品によってお客さんの手に入れたい未来が
手に入るということをイメージさせる

・商品の性能、機能の説明を行いつつ、
お客さんが想像していたものとは別の未来も手に入るとアピール

・ターゲティングができていなければ文章は書けない。
文章テクニックよりもターゲティングに力を入れること

・「!」などの記号は多様しすぎないこと

・ビジネスである以上はお客さんの視点で考える事。

 

次回の記事

月50万円稼ぐアフィリエイトノウハウ その5:毎日やること編

(現在準備中)

 

月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その3:サイト(ブログ)構築編

 

実際に稼いでいく場所

 

サイト(ブログ)は、実際に顧客に商品を紹介して
稼いでいく場所です。

そしてそれと同時に、お客さんの知りたい情報を提供して
信頼を得ていく場所でもあります。

簡単に言えば、「あなたのお店」ということです。

 

あなたがそのお店の販売員となり、
商品に関する情報はもちろん、予備知識や
お客さんの知りたい情報を提供していく場所です。

今回解説することはお店の「店舗(見た目)」に関することです。

重要な部分になりますが、
小綺麗ならば基本的には大丈夫です。

やはり重要なのは商品そのものであったり
お客さんが知りたがっている情報を提供することです。

前回、前々回の記事のほうが重要度は上となります。

 

前々回(第一回)記事:
月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その1:商品選定編

前回(第二回)記事:
月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その2:ターゲティング編

 

無料ブログ or ワードプレス or サイト

 

商品選定とターゲティングができたら、
いよいよサイト(ブログ)を作成していきます。

このサイトでターゲットとした人が欲しがっている情報を提供したり
商品を紹介したりして報酬を手に入れていくことになります。

 

初心者の方は「サイト作成なんて難しそうでできない!」と
感じてしまうかもしれませんが、大丈夫です。

今の時代はなんでもツールやテンプレートがあるので、
それを使うことによって特に知識がなくても
慣れれば簡単に作成できるようになります。

 

今回の記事ではサイトやブログの作り方や
それぞれの特徴をお伝えしていきますので、
あなた自身でできそうなものに取り組んでくださいね。

 

選択肢1:無料ブログ

 

最も作成難易度が低く、
結果が出るまでのスピードも最も早いのが、
無料ブログを使う方法です。

無料ブログで一番有名なのは「アメーバブログ」、
通称アメブロですね。

その他で言うと、シーサーブログやFC2ブログ、
ライブドアブログやソネットブログなどがあります。

 

これらの無料ブログは、
ブログを作成した直後から検索エンジンに認知されるので、
それだけ結果が出るのが早いです。

また、誰が使っても使いやすいように作られているので
特に知識が無い方でもすぐに取り組めるのも魅力のひとつです。

 

ここまでメリットを話すと無料ブログ一択で良いと思われるかもしれませんが、
無料ブログにもそれなりのデメリットがあります。

 

まずひとつは、無料ブログを運営している会社の広告が
ブログに勝手に載せられてしまうということ。

本来掛かるサーバー代やドメイン代が払わずに済むのは、
運営会社がブログに勝手に広告を載せているからです。

あなた自身がブログで商品を紹介した時に、
似たジャンルの広告が勝手に出ていたとしたら
売上は当然ですが下がっていってしまいますね。

 

お金を払えば広告を消せる運営会社もありますが、
それならば後述するワードプレスを使うほうが
はるかにメリットがあると言えます。

 

また、無料ブログの運営自体が終了になったり、
無料ブログでのアフィリエイトが禁止されることも
デメリットのひとつと言えますね。

無料ブログ運営会社が突然の倒産をしたり、
ブログサービスから撤退してしまった場合は
急いでブログを移動しなければならなくなります。

今まであったアクセスなどは全てなくなり
完全に0からやり直しになってしまいます。

 

また、これはアメブロの例ですが、
ブログの運営方針で「アフィリエイトを禁止」にすることも
考えておかなければなりません。

 

つまり、無料ブログは運営会社次第で
突然収入が0になってしまうということもあるということです。

 

メリットもデメリットも大きいのが無料ブログですね。

はじめに取り組むには調度よいかもしれません。

 

選択肢2:ワードプレス

 

自分でサーバーとドメインを契約して、
サーバーに設置するのが「ワードプレス」です。

ワードプレスは世界一使われているブログサービスで、
自分の好きなURLでブログを運営することができます。

 

例えばあなたの名前が「たなかまさひろ」なら、
「http:///tanaka.masahiro.com/」というURLで
ブログを作成することができます。

ちなみに当ブログもワードプレスで作成しています。

 

カスタマイズ性も非常に高く、
同じワードプレスを使っていても
カスタマイズによって全く違うデザインのブログが出来上がりますし、

慣れてくれば「ブログ内でこんなことをやってみたい」ということの
9割はできるようになります。

左下に「ページトップへ」というボタンを付けたい・・・
右サイドバーに人気記事ランキングを付けたい・・・
毎記事の最下部に常に同じ文章が入るようにしたい・・・

などなど、いろんなカスタマイズが好きにできるので
モノづくりが好きな方はかなり楽しいと思います。

 

無料ブログよりもはるかにできることが多いだけ
ブログ作成に関する知識(HTMLなど)もあったほうが有利になります。

とはいえ今は、「ワードプレス+○○」というワードで検索すれば
だいたいのことは解決できるようになっているので、
よほどの理由がなければワードプレスの利用をおすすめします。

 

ブログのバックアップが取れるので、
サーバー会社が潰れてしまったとしても
また別のサーバー会社を借りればすぐに解決します。

 

じっくりじっくりブログを育てていって、
長期的に安定的に稼いでいきたい人はもちろん、

ワードプレスは様々なアフィリエイト手法でも利用できるため
どんな人にでもおすすめできます。

ワードプレスが使えるようになれば確実に稼ぎの幅が広がります。

 

選択肢3:サイト

 

シリウスや賢威と言ったサイト作成ツールやテンプレートを使い
サイトを作成していくのも選択肢のひとつです。

ワードプレスが1ブログを徹底的に育てていくものだとしたら、
サイトは「5ページだけの簡素なもの」を量産していくイメージです。

 

ワードプレスはどちらかというと
SEO(検索上位表示対策)の基本である、
「訪問客の満足する情報を提供」することに注力するのですが

サイトはSEOの隙間を狙っていくようなイメージで、
「他の人が作成していないキーワード」を探すことに注力します。

 

恋愛テクニック系の情報商材を売っていくなら
「恋愛 成就 方法」などはだれでも思いつくキーワードなため
「恋愛を成就する方法」というサイトを作ったとしても
力の強いライバルがいるため稼ぎにくいのですが、

「職場恋愛 上司 片思い」などのニッチキーワードなら
ライバルも少ないので、そのキーワードにあったサイトを作ることで
簡易なサイトでも上位表示される可能性があります。
(リサーチしたわけではないので正確なデータではありません)

 

月に50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その2:ターゲティング編

こちらの記事で解説したリサーチ方法を使い、
「悩んでいる人が多いけどライバルがいないキーワード」を
見つけることができれば、パパっとサイトを作成して
1時間で作ったサイトが月に10万円稼いでくれるということもありえます。

 

とは言え正確性で言えば、
1ブログを育てていくワードプレスのほうがありますので、
SEOを学んで、狙ったキーワードで上位表示する自信がなければ
ワードプレスのほうがおすすめです。

 

ワードプレス+サイトの組み合わせ

 

私がもっともオススメしたいのは、
ワードプレスとサイトの組み合わせで稼ぐ方法です。

まずは、ワードプレスで情報提供をし続け、
アクセスを集めながらお金も当然稼いでいきます。

 

そしてワードプレスを運用していくと、
意外なキーワードからアクセスが来ることがあります。

「アフィリエイト ノウハウ」というキーワードからのアクセスを狙っていたのに、
ほんの少しだけ書いた「海外転売 仕入先」というキーワードからアクセスが来ていた、
などですね。

 

これはどういうことかというと、
あまり触れていないキーワードにも関わらずアクセスがきた、
つまり「海外転売 仕入先」というキーワードで作成されたサイト(ライバル)が
他にほとんどいないということなんです。

かといってわざわざ「海外転売 仕入れ」でワードプレスを作るほどではない。

そういった時にサイト作成ツールなどを使って、
「海外転売の仕入先一覧」というようなサイトをさくっと作るわけです。

そこで海外転売のノウハウ商材などをアフィリエイトするんですね。

 

このように、

ワードプレスを育ててキーワード情報収集

ニッチキーワードがあればサイト作成

というような流れで進めていくと、
無駄なく、そしてライバルを出しぬき稼ぐことができます。

 

ワードプレスの使い方やサイト作成方法などは
他サイトで解説し尽くされているためここでは省略します。

 

サイト(ブログ)構築編まとめ

 

・サイト(ブログ)はあくまで店舗である。
大事なのは中身であることを忘れないこと

・無料ブログは難易度も低く稼ぐまでのスピードもあるが、
突然収入がなくなる可能性もある。

・ワードプレスは情報提供をし続けるもの。
時間はかかるが安定性に優れている。

・サイトはSEOの隙間を狙っていくイメージ。
ライバルがいないキーワードが見つかれば作る。

・ワードプレスでキーワード情報収集をして、
見つかったニッチキーワードでサイトを作っていくのがオススメ。

 

次回の記事はこちら

月50万円稼ぐアフィリエイトノウハウ その4:コピーライティング編

月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その2:ターゲティング編

 

商品を「誰に」紹介するのか

 

前回の記事
月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その1:商品選定編

こちらの記事ではアフィリエイトで稼ぐために
「どの商品を紹介して稼ぐか?」という内容を解説しました。

 

紹介するべき商品がわかったその次は、
「一体誰にその商品を紹介するのか」を考えていきます。

恋愛に悩んでいない人に恋愛テクニックの情報商材を紹介しても
当然ながら買ってくれるわけはないですし、

欲しがっている人に商品を紹介するのが基本ですから、
商品選定をしつつ「誰を想像して紹介するか」ということも
同時に考えていきましょう。

 

一人を明確に想像する

 

コンサル生にターゲティングの相談を受けた時は
「一人を明確に想像してその人に向けて紹介してください」と
アドバイスをします。

 

「それよりもできるだけ多くの人にアプローチしたほうが
たくさんの人に商品を販売できるのでは?」と大体聞かれますが、

多くの人に向けて書かれた文章は当り障りのないものになり
多くの人にアプローチしようとした結果誰の心にも響かないサイトになります。

 

多くの人にアプローチする例:
この恋愛テクニック商材の○○は、
恋愛に悩むすべての人に役立つ内容になっています。
口説きたい異性がいる方は絶対に持っておいてください!

 

一人を想像してアプローチする例:
今まで異性のことでずっと悩んできましたよね。
モテそうと言われるけど彼女は出来ないし合コンに行っても
連絡先を交換してそれより先は発展しないし・・・。

口説きたくてもフィールドに立てなくて悔しい重いを繰り返すなら、
この恋愛テクニック商材を見てみてください。

 

皆さん宛に書かれた文章というのは、
どこか他人ごとのような気がしてならない文章です。

それに比べて一人を想像して書かれた文章というのは、
内容がピッタリ当てはまるものであれば効果は抜群です。

さらに言えば読者は自分にとって都合の良いように解釈してくれるので
少しくらいずれていても効果は十分に発揮されます。

 

上記の例文だと、想像した一人は
「普段はモテそうと言われるけど実際はモテない、
合コンなど出会いの場はあるけど色恋沙汰は無い」
という人でその人に向けて書かれた文章ですが、

普段は合コンに行かないけど彼女ができずに悩んでいる人や、
好きな女性を口説きたいけど友達以上になれない人などにも
対象として含まれる文章になっていますよね。

 

多くの人にアプローチしようと器用貧乏になってしまうよりも
一人の人を明確に想像したほうが結果として多くの人に見てもらえるようになります。

これはテレビCMや雑誌広告でも必ずと言って良いほど取り入れられています。

 

ターゲットとする人物像を作っていく

 

実際にターゲットとする人物像を作っていく時は、
その人の「プロフィール」を作っていきましょう。

私はエクセルを使って作っています。

 

一人の人を作り上げていくことになるので、
まずは基本的なプロフィールを考えていきます。

・名前
・性別
・年齢
・職業
・家族構成
・住居
・給料

この辺りはすべて埋めておきます。

そして、商材のジャンルに関しても考えていきましょう

・商材のジャンルに関する悩み
・悩みを解決してどうなりたいと思っているのか
・そもそも何を知りたいのか
・不安に思っていることはなにか
・悩みの解決策はどんなものか

 

これらを参考にしてサイトを作り上げていき、
このターゲット像の人にとって役に立つ内容や
悩みを解決できる商品を紹介していきます。

 

ターゲットリサーチの方法

 

ただ「人物像を作ってね」といっても、
人の悩みは想像できないことがほとんどなので
リサーチを行って人物像の悩みを炙りだしていきます。

思いがけない悩みがたくさん見つかったりするので、
しっかりとリサーチをするかしないかで
稼げる金額も大きく変わってきます。

 

リサーチを面倒くさがってやらないと、
ターゲットの悩みを想像でしか考えないので、
だれでも思いつくような内容しか書くことができません。

リサーチをして正しい悩みを把握することによって
他の人には作れない独自の内容でサイトを作成していきます。

 

初心者の方からの質問でたくさんいただくものの一つに
「ライバルを調べたら一杯いたので稼げないのでは?」
というものがありますが、

リサーチすらせずに稼ごうとしているライバルが大半なので
きちんとリサーチをすることによって差別化が自然とできて
結果としてライバルとは別のフィールドで稼げるようになります。

 

リサーチ方法1:関連書籍

 

紹介する商品のジャンルにおいて、
関連書籍が販売されている場合は参考にしましょう。

その書籍を販売するときには必ず、
書籍を販売するためにリサーチが行われているので、
読みつつ「どんな人をターゲットにしているのか」を考えることにより
ターゲットとなる人物像を固めていくことができます。

 

お金稼ぎ系の情報商材を紹介するならば、
アフィリエイトに関連する書籍、株式投資の書籍、
競馬投資の書籍などを購入してみて、
それぞれのターゲットの違いや文章の書き方の違いなどを
リサーチしてみましょう。

かなりの違いがあることに気づきますし、
文章の書き方や内容によってどのジャンルが
あなた自身にあっているのかなんとなくわかるでしょう。

 

放射能を心配するに人にウォーターサーバーを販売するなら
少し難しいですが放射能に関する本などを読み
わかりやすく解説した上でウォーターサーバーを紹介するサイトを作れば
かなり優秀なアフィリエイトサイトとなるでしょう。

 

リサーチ方法2:悩み解決系のサイト

 

悩み解決系のサイトとは具体的に言うと、
ヤフー知恵袋や教えてgoo、OKwaveなどのことです。

あなたも何か知りたいことがあるときに検索をして
これらのサイトで答えを見つけたことがあるのではないでしょうか?

 

「ターゲットの知りたい情報を提供して稼ぐ」という方法の
アフィリエイトにとっては最強のリサーチ場になります。

ターゲットの知りたいことはダイレクトに質問に書いてあるし、
その答えもほとんどの場合は既に書いてあるので
リサーチ+解決策の提示が同時に行なえるので一石二鳥。

 

匿名性のサイトであるからこそ、
普段は表で相談できないような内容の相談も非常に多く、
「誰にも作れない深い内容のサイト」を作るのであれば
お悩み解決サイトでのリサーチは欠かせません。

恋愛系ならば、
職場恋愛のドロドロした話から不倫の話、
性に関する話までほんとうに様々な悩みをリサーチできます。

 

ターゲットとしている人が職場恋愛に悩むOLならば
職場恋愛に関する悩みを調べて
どのような悩みがあるかを一つ一つピックアップして
その悩みについての記事やサイトを作っていきましょう。

 

注意事項としては、
自作自演をしている人がいるということがあります。

質問も答えも自分で作成し、
アフィリエイトサイトなどに誘導するものがあるので
そういったものは参考にしないこと。

 

またいろんな人の悩みを見るのは純粋に面白いので、
ついついいろんな悩みを見て時間を無駄に使ってしまうかもしれません。

あくまでリサーチのためにやっているということを忘れずに。

 

また、お悩み解決系のサイトの回答は
専門的なものはほとんどなく、感情的な回答だったり
あくまで一般論であることがほとんどです。

専門的な回答が必要な場合は、
関連書籍などから見つけたほうがよりターゲットにとって
役に立つ情報を提供することができます。

 

ターゲティング編のまとめ

 

・たくさんの人に売りたいと思うからこそ、
一人の人を明確に想像しその人に売るようにする

・一人の人間を明確にイメージし、
その人に向けてだけ文章を書くようにする

・基本的なプロフィールはすべて作成し、
悩みやその解決策、どうなりたいかなどをリサーチする

・リサーチは売る商品のジャンルに関する関連書籍や、
お悩み解決系のサイトを使って行うこと

・ターゲットの悩みに関してはお悩み解決系サイトで見つかり、
その悩みの専門的な解決方法は書籍で見つかることが多い

 

次回の記事はこちら

月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その3:サイト構築編

 

月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その1:商品選定編

 

稼げる商品選びノウハウ

 

アフィリエイトは、
「企業が販売している商品を代わりに販売して報酬を得る」
という方法で稼ぐビジネスモデルです。

個人広告代理という意味があり、
企業の代わりにあなたが商品を販売して
商品の販売価格から一部を貰うことによって収入を得ていきます。

 

アフィリエイトで稼ぐために重要なポイントは
いくつかありますが、その中のひとつに
「どの商品を販売するか?」ということがあります。

つまり商品選定ですね。

全く売れない商品をいくら人に紹介しても
買ってもらうことはできません。

 

そこで販売する商品を選ぶときに
抑えていくポイントを紹介します。

 

商品のジャンルは「特殊な需要があるか」

 

アフィリエイトできる商品は無限にあります。

このブログで紹介しているようないわゆる「情報商材」や、
酵素ドリンクや青汁などの「物販」。

その他にもキャッシングやレンタルサーバー案件など
言い出せばキリがないほどたくさんの商品があります。

 

そんな中でどんな商品を選んでいくかですが、
まず第一に、得意なジャンルがあればそれに越したことはありません。

今の職業がウォーターサーバーの営業マンだとしたら、
ウォーターサーバーのアフィリエイトサイトを作成したほうが
書く内容にも悩まないですし稼げるサイトが作成できます。

あなたの職業がアフィリエイトに活かせるものの場合は、
迷わずにそのジャンルでスタートしましょう。

 

では職業がアフィリエイトに活かせるものでない場合、
これから完全な0からスタートする場合は、

「ネットでのみ情報が手に入る商品ジャンル」

を選ぶようにしましょう。

 

テレビで簡単に情報が手に入るジャンルや、
本屋さんに行けば情報が手に入るジャンルの商品は
ネットでわざわざ情報を探して商品を購入するまでには
至らないことが多いからです。

例えば、「犬のしつけ」に関する情報商材が
9800円ほどの高額で売られているのですが、

犬のしつけに関しては、本屋に行けばたくさんの本があり
専門誌まで発売されているジャンルですので、
わざわざ9800円の商材を買う人は需要の割に少ないです。

もちろん売れないわけではないのですが、
「わざわざ高額な商材を買う理由」を徹底的に
説明しなければならないため、文章力が必要になりますので
これから始めるという方にはあまりおすすめできないジャンルです。

 

このような情報が簡単に手に入るジャンルではなく、
「人に言えないからネットで調べる」ような
ちょっと特殊なジャンルを選択しましょう。

例を出すと、
身体的な悩み、性的な悩み、恋愛の悩み、お金の悩み、
放射能等の世間的に言いづらいことの悩み、などです。

 

これらのジャンルは、知りたいことを調べるときは
大体はインターネットを使って調べます。

そこで知りたい情報が書いてあるサイトに出会い、
そしてそのサイトで紹介されている商品を購入するというわけです。

そのようなサイトをこれから作っていくことになります。

 

お金を稼ぐ系の情報商材、バストアップなど身体的な情報商材、
恋愛テクニック系の情報商材、性の悩み系情報商材など

情報商材系は基本的に良いジャンルであることが多いですし
アフィリエイト報酬も高額なためおすすめです。

物販系ですと、放射能検査をクリアしている海外のウォーターサーバーや
ハゲ治療の薬剤などもおすすめです。

 

それと、意外と稼げるのが意外な部分の治療薬です。

ヒザの裏専門の治療薬や、かかと専門の薬などは
需要がないと思われているのかアフィリエイターも少ないことが多く
想像よりも稼げることが多々あります。

まずは定番の売れるジャンルを選んで良いですが
慣れてきたらこのような人が手を付けないジャンルに取り組んでみると
意外なところで稼げるようになるかもしれません。

 

そもそも売れる(売れている)商品を選ぶ

 

ジャンルが決定したら、
そのジャンルの中でどの商品を紹介するかを決めます。

そこで大事なことは、
「そもそもその商品自体が売れるかどうか」です。

商品自体の魅力はもちろんですが、
何よりも重要なのは「商品の販売ページが優秀かどうか」です。

 

商品の販売ページが優秀なら売れるし、
商品の販売ページがダメなら売れません。

 

販売ページに書かれていることはいわゆる「セールストーク」です。
それが上手くなければ良い商品でも売れなくなります。

 

販売ページが優秀かどうか判断する方法はいくつかあります。

まずひとつは、ASPが提供しているデータを見る方法です。

 

情報商材ASP最大手のインフォトップでは、
すべての商材で購入率とEPCを見ることができます。

購入率は、総購入数÷クリック数のことです。
100クリックで1個売れるなら購入率は1%です。

EPCは、アフィリエイト報酬額÷総クリック数のことで、
1クリックあたりいくらの報酬額になるかがわかります。

あなたが情報商材の販売ページに1日100人誘導できるなら、
EPC×100を1日の報酬額として計算できます。

sd

↑一番右が購入率とEPC。

1クリック誘導すると49円の計算になるので、
100人誘導すると4900円の報酬が見込めるというデータです。

 

ASPによって公開しているデータに違いはあるものの、
このようなデータは基本的に公開されているものなので、
商品自体が売れているかどうかの参考にすることができます。

 

ただし、商品を紹介しているアフィリエイターが
どのような紹介方法をしているかまでは把握できないですし、
力のあるアフィリエイターが紹介しているため
極端に購入率やEPCが高くなっている商材もあります。

とは言え、売れていない商品は購入率もEPCも0なので、
全く売れない商品は避ける事ができます。

これからさらに解説していく私のノウハウでは
基本的に購入率は高くなるものなので、
購入率やEPCがそこそこある商品ならばOKです。

もし、チャレンジしたいという気持ちがあるのでしたら、
EPCが0の商品を選んでみるのも良いといえば良いです。

ライバルが居ない商品というのは、
ハマれば莫大な収益をもたらしてくれるからですね。

 

データよりも感覚で選ぶ

 

購入率やEPCというデータは、
「明らかに売れないものを避ける」ために使うものです。

「これを紹介すれば絶対売れる」というものを見つけるのは難しいですが、
明らかに売れやすい商品を選ぶことはできます。

次回のノウハウ解説記事、
月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その2:ターゲティング編

こちらの記事で、ターゲティングする人を決めたら
その人になりきり商品販売ページを見ることによって
その商品が購入されるかどうかを判断することができます。

 

ターゲティングする人の悩みを炙りだして、
その悩みを意識して作られた商品販売ページだと判断できれば
その商品はほぼ間違いなく売れていきます。

購入率やEPCのデータが低かったとしても、
ターゲティングする人の悩みを解決できるものであれば
データ以上に商品は売れます。

 

この商品選定と次回のターゲティングに関しては
切っても切れない関係なので、実際に商品を選ぶ前に
ターゲティングについても見ていただけたらと思います。

 

商品選定編のまとめ

 

・テレビや本屋で簡単に解決できるジャンルは避ける

・人に言えない悩みを解決するジャンルを選ぶ

・得意なジャンルがあればそのジャンルにまずは取り組む

・ヒザの裏の薬など、ピンポイント商品は意外と売れる

・購入率やEPCが極端に低いものは避ける

・ターゲティングした人の悩みを解決する商品を選ぶ

 

次回の記事はこちら

月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その2:ターゲティング編

 

 

 

月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その0:本当に正しいノウハウとは

 

誘惑に騙されない

 

アフィリエイト業界には様々な「甘い誘惑」があります。

・初心者でもすぐに30万円稼げます!
・知識やスキル、経験は必要ありません!
・完全放置でも10万円稼げます!

などなど・・・。

 

アフィリエイトについて知ったばかりの時は
「そんなうまい話あるわけないだろ・・・」と疑っていたと思いますが、

アフィリエイトを続けていろんな甘い誘惑にさらされるうちに
「いつか必ず本当に楽に稼げる手法に出会えるだろう」と
誘惑慣れしてしまい、蟻地獄から抜け出せなくなっていきます。

そして、ある情報商材を買っては「期待と違う」と取り組みもせず
また別の情報商材を買い漁るという悪の循環へと入っていきます。

 

事実として、放置で稼いでいる人は存在しますし
私自身も週に1度仕事をすれば生活できるくらいの金額は稼げます。

ただ、ここまで稼げるようになるのに私は4年間
多額の自己投資や時間を掛けての実践、努力も試行錯誤もしてきました。

それでも、アフィリエイトの全ての手法で結果を出すのは
今でも不可能だと思っています。

 

二、三歩引いて冷静に考えてみれば
資本主義である以上は「本当に誰でも」稼げるノウハウは存在しません。

アフィリエイト業界をユートピアのように考える人も多いですが、
現実は「楽に稼げると信じ込まされて搾取され続ける人」と、
「冷静に捉えて努力を惜しまず莫大な金額を稼ぐ人」に分かれています。

 

一時的に稼ぎやすいノウハウはあります

 

とはいえ、初心者でも誰でも一時的に稼ぎやすいノウハウは
正直なところ存在します。

今現在で言うとYoutubeがそれに当たります。

Youtubeで人気の出そうな動画を作成し、
その動画に広告動画を挿入して稼ぐという方法です。

 

現在は思惑通り、人気の出そうな動画はだいたい決まっていますし
物珍しさから広告動画も効果がバツグンです。

 

しかしながら、
明らかにユーザーの不利益となる広告動画を挿入したり
人気の出ている動画をパクっているような現状があるので、
この稼ぎ方は明らかに長続きしません。

 

つまりサイトで言うと、
お客さんが絶対にクリックしなければならない広告を配置し、
他人のサイトをコピペしたサイトを作っているということなので、
Youtubeを運営しているGoogleが見逃すわけがありません。

上記のようなサイトを作った所で、
ブラックリストに載せられるだけですからね・・・。

Youtubeでもいずれはそのような動画は公開できなくなります。

 

まだコピー動画やユーザーにとって不利益な動画を
機械的に判断する技術がないので見逃されている現状がありますが
そのうち稼げなくなるのは目に見えています。

 

お金を稼ぐということを真剣に考える

 

本来、「お金を稼ぐ」ということは
お客さんを満足させ「ありがとう」と共に受け取るものです。

お客さんに価値を提供することを一切考えずに
「ただ自分が稼げれば良い」という人ほど裏技に走ろうとして
上記のようなYoutube手法などに頼ろうとします。

一時的には稼げるかもしれませんが、
安定や精神的な満足からは程遠いです。

 

そしてお金を稼ぐということは、
個人又は企業、あるいはその両方からお金を貰っていると言うことでもあります。

誰にも価値を提供せず自分だけが稼ごうとするということは、
お金を支払ってくれる個人や企業に不利益を与えるということになります。

ユーザーが見たくない広告動画がある動画は
Youtubeの客を不快にさせてお金を抜き取っているということです。

Youtubeというシステムを使い、Youtubeの客に不快な思いをさせて、
お金を稼ぐという方法が正しいと言えるでしょうか?

 

一時的に稼げれば良いと考えている人は、
上記のような裏技的な方法を試すのも悪く無いとは思いますが
しっかりと稼ぎ方を学び、安定しながら大きな金額を稼いでいくのが目標ならば
甘い誘惑に惑わされることなく「正しいノウハウ」を学んでいきましょう。

 

アフィリエイトにおける「正しいノウハウ」とは

 

アフィリエイトで莫大な金額を安定的に、
そして最終的には半放置で稼いでいきたいと考えているなら
「正しいノウハウ」を学び実践していきましょう。

これから私がお話するノウハウを忠実に実践していけば、
お客さんから「ありがとう」と言われ、きちんと価値を提供できるので
安定して長い期間稼ぐことができるようになります。

もうお分かりかと思いますが、
「学びたくない、努力したくない、でもお金を稼ぎたい」という人には
全く向いていないノウハウになりますので、
楽に稼ぎたいと考えている方の参考にはならないかと思います。

 

アフィリエイトにおける正しいノウハウとは、

1、商品を欲しがっている人に商品を買える場所を教える

2、悩みがある人に、それを解決できる商品を紹介する

3、悩みの解決法を示し、補助商品を紹介する

この3つだと私は感じています。

 

わかりやすく、ニキビケア商品の「プロアクティブ」を紹介すると過程します。

1、プロアクティブが欲しい人に、プロアクティブを買える場所を教える

2、ニキビに悩む人に、ニキビケアの「プロアクティブ」を紹介する

3、ニキビケアの方法を知識として提供した上で、
「プロアクティブという製品があるよ」と紹介する

という具合です。

 

この3つどれをとっても、
「お客さんの知りたい情報提供する」という特徴があることが
お分かりいただけると思います。

 

アフィリエイトはお客さんの知りたい情報を提供することで稼いでいくので、
「自分が稼ぎたいから」という理由ではなく、
「お客さんを満足させる」ために活動しなければ稼いでいくことはできません。

 

お客さんの立場になって考えるとわかると思いますが、
企業努力をしていない企業の製品にお金を使いたくはないと思います。

「自分がお客さんの立場に立って」考えれば、
お金を貰える人はどういう人なのかはわかりますよね。

やはりお金を貰う資格のある人とというのは、
お客さんのために努力して満足させられる人なのです。

 

「正しいノウハウ」を勉強してください

 

真剣にお金を稼ぎたいと思っているならば、
一時的なノウハウや裏技ノウハウを求めるのではなく、
正しいノウハウを勉強して地に足をつけながら稼いでいきましょう。

勉強や努力は当然しなければならないですが、
お客さんに正しい価値を提供して稼いでいくノウハウが身につくので
将来的にお金に悩むということは無くなるでしょう。

 

次回の記事はこちら

月50万円を稼ぐアフィリエイトノウハウ その1:商品選定編

アフィリエイトはどれだけネットに痕跡を残すか

ネットに痕跡を残す人が勝つ

 

私の好きなゲームのひとつに「メタルギア」シリーズがあります。

そのゲームの中で登場したセリフで、
「デジタル化されたものは永久に劣化しない」というものがあります。

ゲームの中でこのセリフを言ったのは「人間を管理する」人たちで、
「間違った情報でも見ることができ、自分にとって都合の良い情報ばかり探し
現実を直視しないから人間は弱くなっていく一方」という意味でした。

 

ただ、私達が生きる社会においても同じことが言えます。

Twitterに書いた一言が炎上し、拡散される。
ブログに書いた私生活が避難されて拡散される。

こうなるともう、自分が発信した情報を消すことができません。

これは本当に恐ろしいことです。
魔が差して自分の働いている会社の愚痴を書けば
もはや自分では消すことができずに首になってしまったり、
別れた過去の恋人と撮った写真を消すこともできなくなるのです。

 

 

ただ、「アフィリエイトで稼ぎたい」という視点からみると、
永久にデータが残ってくれることはかなり都合が良いと言えます。

一度アフィリエイトサイトを作成してしまえば、そのサイトは永久に
ネット上に残ることになるわけですから。

 

現にこのブログは、1ヶ月半も更新しておらず放置していたのですが
月に3万円ほどの報酬をあげてくれていました。

ブログという形でネットに痕跡を残していたので、
完全放置でもお小遣い程度は稼いでくれていたんです。

 

ブログでもサイトでも、アフィリエイトで稼ぎたいなら
「どれだけネット上に、稼ぐための痕跡を残したか」
ということが重要になってきます。

1サイトや2サイト作ったからといって、すぐに稼げるとは限りません。
100サイト200サイトを作っていき痕跡をたくさん残すことで、
より多くの人があなたのサイトを閲覧してそれだけ稼ぐ機会が多くなります。

 

デジタル化されたものが永久に劣化しない今、
多くの人の目に触れるためにどれだけ痕跡を残せるのか。

ぜひ意識してアフィリエイト活動をしてみてくださいね。

 

0から右肩上がりに稼いでいくアフィリエイトの手順 その2

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

 

ひとつでもネタがあれば収入は数倍増える

 

前回の記事では、まだアフィリエイトで稼いだことの無い人が
最初に取り組むべきアフィリエイトについてお話しをしてきました。

アフィリエイトは最初の「稼ぎ出し」が難しく
取り組んだ人の大半は1円も稼ぐこと無く諦めていきます。

ただ最初の難しい段階を乗り越えて
始めての報酬を手に入れることができたなら、
その収入を数倍にすることはとても簡単なんです。

今回は、なぜ収入が簡単に数倍になるのか、
そして収入を数倍にする方法についてお話しします。

 

一番儲かるのは誰なのか

 

アフィリエイト業界は主に2種類の人間に分かれます。

その2種類とは、

・アフィリエイトを指導する側の人間
・誰かから教わりアフィリエイトを実践する側の人間

です。

どちらも儲かることは間違いないのですが、
アフィリエイトを指導する側の人のほうが圧倒的に儲かります。

 

私自身、毎月アフィリエイトで稼ぐ方法を伝えるために
29万7000円のスクールを開催したことがありますが、
やはりスクールの開催月はとんでもない金額が入ってきました。
(現在こちらのスクール生は募集していません。)

もちろん、サポートをしたり相談を受けたりと
それなりに時間も掛かり責任が生まれるのもあるのですが
それを加味しても金額的には大きいものでした。

詳細なデータはちょっとあかせないのですが
仮に30名のスクール生が入っていたとしたら、
それだけ1000万近くの売上になります。

アフィリエイトで毎月50万円稼ぐよりも、
アフィリエイトで月10万円稼ぐ方法を指導したほうが
金額的には儲かるというわけですね。

 

だからこそ、アフィリエイトで月に5万円でも良いので
稼ぎだすことさえできてしまえば、後は稼いだ方法を
指導する側に回ることによって収入はウン十倍にもなります。

 

10万円のコンサルティングサービスを販売するとしたら、
月に5人に販売するだけで月収は50万円になります。

 

アフィリエイトの先生になる方法

 

アフィリエイトを指導することによって稼ぐ、
つまりアフィリエイトの先生になって稼ぐというわけですが

アフィリエイトの先生になるためには、
「情報発信」をしていく必要があります。

 

ブログを立ち上げたり、メルマガを発行するなどして
取り組んでいるアフィリエイトについて情報を書いていきましょう。

ブログやメルマガを読むお客さんは、
基本的にアフィリエイトで稼ぐ方法を知りたがったいるので
アフィリエイトについて情報発信をしつつ、
個別指導サービスやノウハウを販売していきます。

 

最近の私もこの流れを踏襲していて、
PPCアフィリエイトで稼げるようになったので、
今までやってこなかったブログを立ち上げました。

ブログというパブリックな場所での情報発信や、
メルマガだけでクローズな情報発信をしていると
読者の皆様からの反応をダイレクトに感じるので楽しいですし、

楽しみながらも収入もかなり増えてきています。

 

一度アフィリエイトで稼げるようになったら、
継続的にブログの更新やメルマガの配信を行っていき
コンサルティングサービスやノウハウを販売していき
収入を増やしていきましょう。

 

なにはともあれまずは、0→1を

 

ここまで全2回に渡り、大枠での説明ではありますが
アフィリエイトを始めて収入を増やしていく過程について
実体験に基づきお話しをしてきました。

アフィリエイトは一度稼いでしまいさえすれば
収入を増やしていくことは非常に簡単です。

一度稼いでいれば、「アフィリエイトは稼げるんだ!」と実感でき
ブログを更新したりするのも全く苦では無くなるので
収入を増やすための行動は喜んで取り組めます。

やはり鬼門なのは、稼げるかわからないまま
取り組まなければならない最初の段階です。

できるだけ短い時間で稼げるアフィリエイトを選択して
早く先生になれるように頑張っていきましょうね。

0から右肩上がりに稼いでいくアフィリエイトの手順 その1

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

 

アフィリエイトは0→1が難しい

 

アフィリエイトを指導していて常々思うことは、
最初の「稼ぎ出し」が非常に難しく、
稼ぎ出しさえ出てしまえば収入を伸ばすのは簡単だということです。

 

基本的に、一度稼ぎさえしてしまえば
同じような作業を繰り返し行うことで稼いで行けますし
稼いだ情報を発信していくことによって収入は数倍に増えます。

その「一度稼ぐ」ということが鬼門です。

 

ここではまだ稼いだことのない人が
0→1、つまり稼ぎだすまでに選ぶべきアフィリエイトの種類や
一度稼いだ後に収入を右肩上がりに伸ばす方法について解説します。

 

最初は実績が必要なアフィリエイトは選ばない

 

アフィリエイトには様々な種類がありますが、
おおまかに分けると実績が必要なものと、そうでないものに分かれます。

実績というのは、アフィリエイトで稼いだ実績です。

 

実績が必要なアフィリエイトは主に二つで、
メルマガアフィリエイトとブログアフィリエイトです。

 

上記二つは基本的に、
アフィリエイトで稼ぐ方法などについて情報発信をすることによって
稼いでいくことになります。

メルマガでは、「こんな稼ぎ方がありましたよ!」と何か商品に誘導したり、
ブログアフィリエイトも同様に稼ぎ方について書いていきます。

このブログも、ブログアフィリエイトに分類されます。

※ただしブログアフィリエイトは執筆するジャンルにより
実績が必要ない場合もあります。

 

メルマガアフィリエイトは、一発で稼ぐ金額も大きく
私自身もメール1通で60万円を稼いだこともありますし、

ブログアフィリエイトも放置で稼げるようになっていくので
それぞれ魅力的なアフィリエイトであることは間違いありませんが
実績が無ければ書くこともなく手詰まりになってしまいます。

 

実績が必要のないアフィリエイト

 

これからアフィリエイトで稼いでいきたい人は、
まずは実績が必要ないアフィリエイトを選びましょう。

具体的には、

PPCアフィリエイト
・サイトアフィリエイト

この2つが挙げられます。

 

これら2つはアフィリエイトについての情報発信はなく、
PPC,サイトについては「物販(物品販売)」をメインに行います。

他にも色々とアフィリエイトの種類はあるのですが、
また稼ぎ方が変わってくるのでここでは省略します。

 

例えば、PPCやサイトアフィリエイトで人気の商品のひとつに
「お嬢様酵素」という商品があります。

この商品は3990円ですが、自分の作ったサイトから売れれば
1本につき1200円のアフィリエイト報酬が貰えます。(執筆時の価格、報酬です)

 

そこで、例ですが「お嬢様酵素は本当に痩せるのか?」というようなサイトを作り
そこから商品が売れるのを待つわけですね。

これなら、アフィリエイトの実績などがなくても
酵素などについて調べればサイトを作ることができます。

 

アフィリエイト初心者の方は、このような物販関係のサイトを作り
稼いでいくのが得策と言えます。

※ちなみに0から最速で稼ぐなら、
間違いなくPPCアフィリエイトが一番良いです。

 

2~3ヶ月は掛かると見ておきましょう

 

簡単にではありますが、初心者が選ぶべきアフィリエイトについて
説明をしましたが、最初の成果が出るまでには
2~3ヶ月は「最低でも」掛かると見ておきましょう。

初心者の方は実際の作業をする他にも
専門用語や、アフィリエイトの仕組みについて勉強するなど
様々なことに時間を取られてしまうからです。

 

毎月必ず給料を貰うことに慣れてしまっていると
1ヶ月間稼げないとかなり気持ちが萎えてしまうと思いますが、

ビジネスでは、2~3ヶ月収入がない(少ない)のは当たり前のことです。

1年単位でマーケティングを組んでいるとしたら、
1年間は利益が無いなんてこともざらにあります。

 

アフィリエイトは副業だ、簡単だと言われていますが
ヤフーや楽天なども参入しているれっきとしたビジネスですので、
2~3ヶ月間は無収入でいる覚悟は持って頂けたらと思います。

2~3ヶ月収入が無いというデメリットがある代わりに、
収入に天井が無いというメリットもあります。

頑張った分だけ後で絶対に返ってきますので、
長期的な視点を持って取り組んでいきましょうね。

 

さて、0→1を達成できたら、
収入をそこから伸ばしていくのは非常に簡単です。

※長くなってしまいそうなので続きはその2で。